googleのサービスを知ろう!
Lb`R.jpg


目次
1・『濃縮快眠プログラム』とは?

2・『濃縮快眠プログラム』の実践

3・『濃縮快眠プログラム』の紹介

4・類似商材と比べてどちらが良いの?

5・やらないとどうなる?

6・購入者さま豪華特典

7・ご質問はこちらからどうぞ



眠りに特化した究極の癒やしの場所


昨年12月、京都市に開業したカプセルホテル
「9h(ナインアワーズ)」は眠りに特化した
究極の癒やしの場所だ。




館内は白を基調にした高級ホテルさながらの洗練された内装。
「スリーピングポッド」と呼ばれる個室は外見はカプセルホテル。中は、丸みを帯びた乳白色の空間でテレビや目覚まし用の
アラームはなく、発光ダイオード(LED)による光で起床を
促す。





館内のすべての照明が夜は眠気を誘い、朝は覚醒を促すよう時間帯に応じて照度を自動設定。枕は4種類の素材でできた特注品だ。不眠は国民的な問題となっており、心地よい睡眠を提供するビジネスチャンスはさらに広がっていきそうだ。
(フジサンケイ ビジネスアイ)





毎日の生活に追われて気が付けば、もう寝る時間?
というパターンがマンネリ化している今日この頃です。
良い夢を見ながら眠れるカプセルホテルも近々登場?






睡眠システム搭載の高級ベッド1台100万


今や日本人の5人に1人が睡眠に対して何らかの
悩みを抱えているという。




マットレスメーカーのシモンズがパナソニック電工と
共同開発した日本初の家庭向け睡眠環境システム
搭載ベッド「シモンズ レスティーノ」一見すると
普通のベッドのようだが、全然違う。




開発した睡眠環境システム搭載ベッド
「シモンズ レスティーノ」は、マットレス部分に
寝ている人の動きを検知する「体動センサー」を搭載。
利用者が眠りに入って体の動きが少なくなると、
ベッドに付属している照明器具を自動消灯する。



起床時間を設定しておくと、徐々に照明が明るくなったり、
内蔵スピーカーの音により目覚めることができる。



また、就寝時に室温上昇で寝苦しくなって体の動きが多くなると、それを自動的に検知して赤外線通信でエアコンの電源をつけることもできる。当面はパナソニック電工製の製品だけの対応となっているが、将来は他社製品についても対応させていく考えだ。



推定販売価格100万前後で、
これまで睡眠状態を検知する高機能ベッドはホテルなど
業務用が中心だったが、両社では個人向け市場を新たに
開拓していくという。



それにしても、1ヶ月でいいからこのベッドで、
なにもかも忘れてゆっくり寝てみたいですね〜。